「地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム2020」の【開催中止】について

 当財団では、地域医療に関わる住民活動を行っている方、各都道府県及び市区町村の医療・福祉関係者、地域医療にご関心のある方を対象としたシンポジウムを毎年開催しております。

 しかしながら、今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、これまで慎重に開催を検討して参りましたが、感染拡大防止の観点から、残念ながら中止とすることを判断致しました。

 中止決定につきましては、全国から参加される方々の安全面を最優先とした結果ですので、何卒ご理解願います。

 当財団としては、今後、2021年の開催に向けて、様々な企画等の立案を行い、十分な準備を進めていく所存でございます。

「地域医療等振興自治宝くじ(レインボーくじ)」発売のお知らせ

地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ)が、7月1日から発売されています。この収益金は、全国の健康づくり事業や長寿社会づくりソフト事業等、皆さまの身近な所で役立てられています。

是非ともお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

 

【第410回】 

発売期間:令和2年7月1日(水)~令和2年7月21日(火)

主な賞金:1等1,000万円×1本・前後賞各250万円

       2等10万円×300本、3等5万円×1,000本

抽選日:7月28日(火)

単価:100円

ネットでも購入できます。

URL https://www.takarakuji-official.jp

令和3年度自転車等機械振興補助事業に係る研究機器の申請について【締め切りました】

令和3年度自転車等機械振興補助事業に係る研究機器の申請をされる方は、「自転車等機械振興補助事業に係る研究機器の要望について(通知)」(PDFファイル)を必ずご確認のうえ、申請書等の必要書類を揃えて、財団総務課あてにご提出ください。

申請書等の提出期限は、7月8日(水)17時までとします。期限後に提出された書類は受理いたしませんのでご注意下さい。

申請された機器のうち、書類選考を通過した機器に対するヒアリングは、7月31日(金)午前中行います。申し訳ございませんが、ヒアリングの日程は、7月31日(金)のみです。

申請から決定までの流れはこちら →→→ iconpdf

 

○研究課題

難病及び希少難病に関する基礎的研究

【参考】厚生労働省指定難病病名一覧 →→→ iconpdf

 

○申請条件

1講座または1部門あたり1点(機器一式の価格が税込300万円以上1,500万円以下)

※研究機器の費用のみが対象となります。

 

○提出書類 →→→ 申請は締め切りました。

令和3年度研究機器申請書(原本1部および電子データ)

カタログ、「地域社会振興財団」宛て見積書、定価証明書 各1部

自治医科大学宛ての書類は、不備として返却いたしますのでご注意下さい。

 

○注意事項

研究機器の申請にあたっては、以下の点に留意してください。

(1)できるだけ共同利用のできる機器としてください。多講座(部門)に整備されている汎用機器は対象外とします。

(2)研究の目的、内容、必要性、実施方法等について、専門家でなくてもわかるような平易な文章で具体的に記入してください。

(3)申請機器については、機器機能の詳細と、研究においてどのように使用されるのかを明確に記入してください。

(4)「令和3年度医療機器備品等の要望書」(用度課担当 医療機器選定委員会)にて要望済みの機器及び「令和2年度学内申請更新(新規)機器」(研究支援課担当)に採択された機器については、当補助事業の対象外とします。

(5)できるだけ多数の講座に均等に整備する機会を設けるため、過去5年の間に採択された講座は申請をお控えください。

 

【この件に関するお問い合わせ】

財団事務局総務課(内線3608 担当:倉持)

令和2年度「健康福祉プランナー養成塾」塾生募集の中止について

 当財団では、地域医療等振興自治宝くじの収益金を財源として、保健・福祉行政の企画・立案に携わる行政職員と地域で活躍する医師とを対象とした「健康福祉プランナー養成塾」を毎年開催しております。

 令和2年度も開催に向け準備を進めておりましたが、全国における新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、7月に開催予定の「健康福祉プランナー養成塾」を中止することといたしました。

 現在のところ、10月末~11月初旬のアドバンストコースは開催する予定ですが、新型コロナウイルスの感染状況を判断し、改めて7月末には最終決定し、ホームページにも掲載させていただきます。

令和2年度長寿社会づくりソフト事業の都道府県「担当者連絡票」の提出について

都道府県長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業・特定事業)ご担当者様

 

長寿社会づくりソフト事業費交付金交付事業につきましては、平素から特段のご高配をいただき誠にありがとうございます。

標記のことにつきまして、「担当者連絡票」に必要事項をご記入のうえ、E-mailにて4 月16日(木)までにご返信くださいますようお願いいたします。

☆担当者連絡票 ⇒ excel-icon

☆連絡票の送付先 ⇒ E-mail : fdc@zcssz.or.jp

令和2年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の申請について(申請様式はこちらです)

令和2年度の『長寿社会づくりソフト事業費交付金の手引き』が出来上がりましたので、各都道府県の担当課宛て、発送いたしました。

 

各市(区)町村へは、都道府県から配布する予定となっております。また、申請書類については、都道府県毎にとりまとめ、財団に提出していただきますので、手続きの詳細については、都道府県の担当課宛てお問い合わせください。

令和2年度特定事業申請書様式

令和2年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の申請について

令和2年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)につきましては、去る10月25日に開催された地域医療等振興事業費交付金審査会において、対象事業等について決定しましたのでお知らせいたします。

令和2年度の申請につきましては、「令和2年度版の手引き」をご参照の上、ご準備くださいますようお願いいたします。

なお、最終的には、各県を通じて市(区)町村へご案内されますので、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

【お問い合わせ】

公益財団法人地域社会振興財団 総務課

TEL:0285-44-3840 FAX:0285-44-7839

E-mail:fdc@zcssz.or.jp

長寿社会づくりソフト事業費交付金の手引き(令和2年度版)

「地域医療等振興自治宝くじ(レインボーくじ)」発売のお知らせ

地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ〉が、10月23日から発売されています。この収益金は、全国の健康づくり事業や長寿社会づくりソフト事業等、皆さまの身近な所で役立てられています。

是非ともお早めにお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

 

【第409回】 

発売期間:令和元年10月23日(水)~令和元年11月5日(火)

主な賞金:1等3,000万円×2本・前後賞各1,000万円、

       2等30万円×100本、3等10万円×1,000本

抽選日:11月8日(金)

単価:200円

ネットでも購入できます。

URL https://www.takarakuji-official.jp

「地域医療等振興自治宝くじ(レインボーくじ)」発売のお知らせ

地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ)は地域医療振興のための宝くじで、その収益金は、全国の長寿社会づくりソフト事業等に交付されているなど皆さまの身近な所で役立てられています。

この度、下記のとおり地域医療等振興自治宝くじが発売されますので、お知らせいたします。

是非、お買い求めください。

 

【第408回】ワンピーススクラッチ

発売期間:令和元年10月9日(水)~令和元年10月22日(火)

主な賞金:1等50万円×20本、2等10万円×100本、3等1万円×8,000本 等

単価:200円

令和元年度 健康福祉プランナー養成塾(アドバンストコース)の開講について

健康福祉プランナー養成塾(アドバンストコース)を開講いたします。詳細は下記のとおりです。

募集案内はこちら →→→iconpdf

<日程>

令和元年11月2日(土)~4日(月) 2泊3日

 

<会場>

東京グリーンパレス(東京都千代田区二番町2番地)

 

<対象者>

健康福祉プランナー養成塾修了生、並びにその方々をサポートする方

 

<開催目的>

アドバンストコースは健康福祉プランナーとしての基礎的な知識と経験を持った方を対象とし、幅広い視野とさらなる能力を獲得し、健康福祉プランナーとしてのステップアップを目指しています。

 

<内容>

(1日目)

12:00~12:30 受付

12:30~13:00 開講式・オリエンテーション

13:00~17:50 講義『地域の保健・医療・福祉の連携を考える(講義、グループワーク)』:橋本 康男先生、村上 須賀子先生

18:00~ 懇親会

 

(2日目)

9:00~10:30 講義『地域と行政のネットワークづくり(地域と行政との連携・協働)』:藤井 昭二先生

10:40~14:40(途中、お昼休憩1時間) 講義『公共政策』:小西 敦先生

14:50~18:00 講義『ナレッジマネジメント(知識を共有するチームワーク)』:一條 和生先生

 

(3日目)

9:00~10:30 講義『地域福祉と地方分権』:木村 陽子先生

10:40~14:40(途中、お昼休憩1時間) 講義『医療・介護一体改革について(現場からの報告)』:中田 祐広先生

15:00~ 閉講式

 

<申込み方法について>募集は締め切りました。

 

<受講料>

無料 (ただし、研修会場までの往復の交通費及び食事代は、参加者の負担となります。)

 

<宿泊先>

2日および3日の宿泊については当財団にて準備いたします。(個人での予約は不要です。)

宿泊先は研修会場と同じ、「東京グリーンパレス」(東京都千代田区二番町2番地)となります。

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

 

【お問い合わせ】

公益財団法人地域社会振興財団 総務課

TEL:0285-44-3840  FAX:0285-44-7839

E-mail:youseijuku@jichi.ac.jp