「地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ)」の発売について

「地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ)」が、8月3日から発売になります。 この収益金は、地域医療の確保のための貴重な財源となっています。

近年、当該宝くじの売上げが低下していることから、皆様におかれましては、是非ともお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

また、周りの方々へもPRいただきたくポスターを添付いたしますので、ご協力の程併せてお願い申し上げます。

 

1  発売期間

令和元年8月3日(土)~令和元年8月20日(火) (スクラッチ及び通常くじ同一)

 

2  抽 選 日

8月23日(金)  (通常くじ)

 

3  賞  金

【ワンピーススクラッチ】

1等 300万円×25本 2等 50,000円×100本 3等 30,000円×1,500本

【通常くじ】

1等・前後賞合わせて 5,000万円

 

4  単価

200円 (スクラッチ及び通常くじ同一)

 

5  購入方法

スクラッチは、最寄りの宝くじ売場でお買い求めください。

通常くじは、ネット購入も可能です。(https://www.takarakuji-official.jp)

 

【ワンピーススクラッチ】

【通常くじ】

「地域医療等振興自治宝くじ(レインボーくじ)」発売のお知らせ

地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ)は地域医療振興のための宝くじで、その収益金は、全国の長寿社会づくりソフト事業等に交付されているなど皆さまの身近な所で役立てられています。

この度、下記のとおり地域医療等振興自治宝くじが発売されますので、お知らせいたします。

是非、お買い求めください。

【第405回】

発売期間:令和元年7月10日(水)~令和元年7月30日(火)

主な賞金:1等1,000万円×3本・前後賞各250万円、2等10万円×100本、3等3万円×1,000本

抽選日:8月2日(金)

単価:100円

令和2年度自転車等機械振興補助事業に係る研究機器の申請について

令和2年度自転車等機械振興補助事業に係る研究機器の申請をされる方は、「自転車等機械振興補助事業に係る研究機器の要望について(通知)」(PDFファイル)を必ずご確認のうえ、申請書等の必要書類を揃えて、財団総務課あてにご提出ください。

申請書等の提出期限は、7月17日(水)17時までとします。期限後に提出された書類は受理いたしませんのでご注意下さい。

申請された機器のうち、書類選考を通過した機器に対するヒアリングは、8月2日(金)15時から行います。申し訳ございませんが、ヒアリングの日程は、8月2日(金)のみです。

申請から決定までの流れはこちら →→→ iconpdf

○研究課題

難病及び希少難病に関する基礎的研究

【参考】厚生労働省指定難病病名一覧 →→→ iconpdf

○申請条件

1講座または1部門あたり1点(機器一式の価格が税込300万円以上1,500万円以下)

できるだけ共同利用ができる機器としてください。

○提出書類 →→→ 申請申し込みの受付は終了いたしました。

令和2年度研究機器申請書(原本1部および電子データ)

カタログ、地域社会振興財団宛て見積書、定価証明書 各1部

自治医科大学宛ての書類は、不備として返却いたしますのでご注意下さい。

○注意事項

研究機器の申請にあたっては、以下の点に留意してください。

(1)研究の目的、内容、必要性、実施方法等について、専門家でなくてもわかるような平易な文章で具体的に記入してください。

(2)申請機器については、機器機能の詳細と、研究においてどのように使用されるのかを具体的に記入してください。

(3)「令和2年度医療機器備品等の要望書」(医療機器選定委員会)にて要望済みの機器については当補助事業の対象外とします。

【この件に関するお問い合わせ】

財団事務局総務課(内線3608 担当:倉持)

令和元年度健康福祉プランナー養成塾の開講のお知らせ

健康福祉プランナー養成塾を開講いたします。詳細は下記のとおりです。

募集案内はこちら →→→ iconpdf

 

1.期間

令和元年7月13日(土)~20日(土)

 

2.会場

自治医科大学地域医療情報研修センター

(栃木県下野市薬師寺3311-160 自治医科大学内)

 

3.対象者

地方自治体職員等で、地域活性化と保健・医療・福祉事業の推進に関心のある方

地域医療・保健・福祉に携わり協働する医師・保健師等の専門職員

 

4.開催目的

急速に進行する少子・高齢化、景気の低迷等、厳しい社会経済情勢のなか、「保健・医療・福祉」をとおして、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを推進する人材を育成する。

 

5.応募方法

参加申し込みは終了いたしました。

 

6.経費について

・研修中の受講料、資料代、教材費、宿泊代等の研修に要する費用については、原則として当財団が負担します。

・お住まいから研修会場までの往復の交通費、宿泊するホテルから研修会場までの往復の交通費および研修期間中の飲食代は、参加者の負担となります。

・期間中の宿泊は、宇都宮市のホテルを当財団で準備いたします。

 

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

 

<お問い合わせ>

公益財団法人地域社会振興財団 総務課

TEL:0285-44-3840  FAX:0285-44-7839

E-mail:youseijuku@jichi.ac.jp

地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム2019の開催について

地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム2019の開催日が決定いたしました。

開催日:令和元年11月30日(土)・12月1日(日)
開催場所:東京グリーンパレス(東京都千代田区)

詳細につきましては、決まり次第ホームページ等でお知らせいたします。

平成30年度の長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業・特定事業)を3月27日(水)に交付しました

実績報告書に基づき、平成30年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業・特定事業)を3月27日(水)に交付しました。

なお、未提出分の実績につきましては、4月12日(金)までに、ご報告くださいますようお願いいたします。平成30年度の交付事業は、交付日の4月25日(木)をもって完了させていただきますので、よろしくお願いいたします。

2019年度交付金の都道府県担当者の登録をお願いします

都道府県長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業・特定事業)ご担当者様

長寿社会づくりソフト事業費交付金交付事業につきましては、平素から特段のご高配を いただき誠にありがとうございます。標記のことにつきまして、お忙しいところ恐縮ですが別添に必要事項をご記入のうえファクシミリ又はE-mailにて4 月19日(金)までにご返信くださいますようお願いいたします。

☆担当者登録票 ⇒ excel-icon

☆登録票の送付先 ⇒ E-mail : fdc@zcssz.or.jp   /   FAX : 0285-44-7839

平成31年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の申請について(申請書様式はこちらです)

平成31年度の『長寿社会づくりソフト事業費交付金の手引き』が出来上がりましたので、各都道府県の担当課宛て、発送いたしました。

 

各市(区)町村へは、都道府県から配布する予定となっております。また、申請書類については、都道府県毎にとりまとめ、財団に提出していただきますので、手続きの詳細については、都道府県の担当課宛てお問い合わせください。

 

平成31年度特定事業申請書様式 →→→ word

平成31年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の申請について

平成31年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)につきましては、去る12月18日に開催された地域医療等振興事業費交付金審査会において、対象事業等について決定しましたのでお知らせいたします。

平成31年度の申請につきましては、「平成31年度版の手引き」をご参照の上ご準備くださいますようお願いいたします。

なお、最終的には、各県を通じて市(区)町村へご案内されますので、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

【お問い合わせ】

公益財団法人地域社会振興財団 総務課

TEL:0285-44-3840 FAX:0285-44-7839

E-mail:fdc@zcssz.or.jp

長寿社会づくりソフト事業費交付金の手引き(平成31年度版)