地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2009開催される

秋葉原でついに開催されました。

『地域医療守り・育てる住民活動全国シンポジウム2009』

?守ろうみんなの医療!広げようみんなの”わ”!?

北は北海道より南は宮崎県の100名を超す住民活動をしている住民の方・行政の方・医療従事者の方など様々な方が一堂に会した、地域医療について考えるシンポジウムが開催されました。自治医科大学地域医療学センター梶井英治センター長の基調講演『なぜ住民活動が必要なのか』を聞き、事例紹介(1)では、NPO法人地域医療を育てる会理事長藤本晴枝様、兵庫県柏原病院の小児医療を守る会発起人の丹波新聞社足立智和様、西北五地域医療研究会代表対馬逸子様が各団体の活動状況を発表いたしました。その後、グループディスカッションでは、事例紹介の活動状況を聞いて疑問に思ったことを中心に意見や情報交換をしグループ毎にまとめました。事例紹介(2)現在の課題や今後の方向性について発表いただきました。グループディスカッション(2)では、それぞれの取り組んでいる活動や抱えている課題についてディスカッションしました。グループディスカッション(3)では、それぞれが今後行おうと考えている具体案についてディスカッションしました。全体会では、今後向けたそれぞれの熱意ある取り組みについてご発表いただきました。

一人ひとりの立場、環境、願いは違うけれども、住民が自ら行動することの大切さを感じることが出来たシンポジウムだったと思います。

参加者:4() 33団体 101
    5() 28団体 83

(内訳)
    

 

4()
5()
    

 

特別招聘団体
4団体
10
4団体
10
    

 

招聘団体
24団体
47
22団体
43
    

 

一般
5団体
39
2団体
28
    

 

一般(当日)
    

 

5
    

 

2
    

 

合計
33団体
101
28団体
83

 

zentai.JPG