地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2012開催報告

IMG_3754.JPG

第4回目を迎える『地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2012』

IMG_3759.JPG

開会挨拶 川村事務局長

 

IMG_3767.JPG

 

基調講演 梶井英治自治医科大学地域医療学センター長

12月8日~9日の二日間、都道府県会館(千代田区平河町)101会議室において、『地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2012』を開催しました。130名を超える方に参加いただきました。当財団川村廣栄事務局長の開会の挨拶後、基調講演を「地域医療を守り・育てる住民活動」と題して、梶井英治自治医科大学地域医療学センター長にご講演いただきました。

 

 

 

 

 

IMG_3769.JPG

 

事例紹介

宮崎県北の地域医療を守る会(宮崎県延岡市)事務局長福田政憲様

 

 

 

 

 

IMG_3774.JPG

 

事例紹介

小児医療を守ろう子ども達の会(東京都)代表理事阿真京子様

また、事例紹介を、宮崎県北の地域医療を守る会(宮崎県延岡市)事務局長福田政憲様に、続いて一般社団法人小児医療を守ろう子ども達の会(東京都)代表理事阿真京子様にご発表いただきました。

IMG_3816.JPG

グループワークにも熱が入ります。

IMG_3811.JPG

様々な意見が出ているようです。

この後、自治医科大学地域医療学センター神田健史助教によりグループワークの進め方について説明があり、同大学地域医療学センター小松憲一助教により、各グループワーク内で各メンバーの課題が発表され、その中からグループにおいての課題が選定され、その課題に対してのプロジェクトの立案をホワイトボード・付箋紙などを用いて問題分析とロジックツリーという手法を用いてプロジェクトを完成させるグループワークを行いました。 各メンバーの課題解決にはなりませんが、問題解決のヒントや気づきが得られるようなグループワークとしました。

IMG_3840.JPGIMG_3874.JPGIMG_3883.JPGIMG_3854.JPGIMG_3884.JPG

グループワークの後、交流会会場をルポール麹町に移し藤本晴枝実行委員の挨拶の後、ポスター発表を行いました。ポスター発表では、13の団体が発表を行い、北は北海道江別市から南は宮崎県小林市の団体の方が各団体の行っている内容などが熱く語られました。皆さん、熱心に聞き入っていました。交流会の最後は竹島太郎実行委員の挨拶で締めくくりました。

2日目の全体会では、完成したロジックツリーを元に17グループを4つに類型化し、全てのグループに発表いただきました。

IMG_3907.JPG

講評 梶井英治自治医科大学地域医療学センター長

IMG_3912.JPG

閉会挨拶 悴田事務局次長

IMG_3918.JPG

写真撮影(毎回恒例の撮影)

創立40周年記念シンポジウム開催報告

 このたび、本財団の創立40周年記念行事として、平成241123日(金(勤労感謝の日))に、自治医科大学地域医療情報研修センターにおいて『保健・医療・福祉活動を通した地域づくり』?地域で活躍している医師、保健師たちの活動紹介を通した地域づくりを考えよう?をテーマとした、創立40周年記念シンポジウムを開催しました。会場には、医師、保健師、近隣の住民など約70名の方々が参加し、熱心に聴講しました。  

 開会に先立ち木内常務理事があいさつし、コーディネーターの橋本康男氏(広島県地域政策局国際部長)によりシンポジウムが進められ、医師の立場として後藤忠雄氏(郡上市地域医療センター長)に、住民、行政と一体となって地域医療の充実に活躍されているご講演をいただき、行政の立場として菅谷昭氏(長野県松本市長)に、健康寿命延伸都市をスローガンとした松本市におけるまちづくりのご講演をいただきました。また、保健師の立場として福原円氏(小山市健康増進課)に、市民を守るために保健師として活動し活躍されていることを、そして、民間の保健師として活躍している町村純子氏(株式会社ゆう地域支援事業團代表取締役)に、行政ではできない部分を、発達支援・アンチエイジングコンサルタントとして健康づくりを一般の方々に普及させる活動についてのお話をいただきました。その後パネルディスカッションでは、4名の講演者に登壇いただき、フロアからの質問も交えながら「保健・医療・福祉活動を通した地域づくり」について議論が交わされました。

 

 最後に、地域社会健康科学研究所 谷口副所長が閉会のあいさつをし、こうしてシンポジウムが盛況のうちに終了しました。ご来場された皆様、コーディネーター、パネリストの皆様、その他関係者の皆様ありがとうございました。          

 

IMG_4684.jpg 開会挨拶:木内常務理事

                ○コーディネーター

 ºÂĹ¡§¶¶ËÜ»á  橋本康男 氏(広島県地域政策局国際部長)

 

○講演者・パネリスト

 ȯɽ¡§¸åÆ£»á  後藤忠雄 氏(郡上市地域医療センター長)

 ȯɽ:¿ûë»á  菅谷昭 氏 (長野県松本市長)

 ȯɽ¡§Ê¡¸¶»á  福原円 氏(小山市健康増進課保健師)

 ȯɽ¡§Ä®Â¼»á  町村純子 氏(株式会社ゆう地域支援事業團代表取締役)

DSC_5926.JPG    \·\ó\Ý\¸\¹\È

 会場の様子      パネリストの皆様

 ÊIJñ¡§Ã«¸ýÉû½êĹ 閉会挨拶:谷口副所長

 

 

創立40周年記念シンポジウム報告書

公益認定の答申について

平成24年6月26日に内閣府公益認定等委員会に公益財団法人への移行認定申請を行いました。

その後の審査の結果、平成24年11月2日付けにて同委員会より、公益財団法人認定の答申が提出されました。

当財団では、平成25年4月1日付けにて移行に伴う登記の手続きを行い、公益財団法人としてスタートいたします。

答申書

<情報提供>医療市民マイスター講座のお知らせ

「地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム実行委員会」 において、委員を務めていらっしゃる阿真京子様(『知ろう!小児医療 守ろう!子ども達』の会代表)からのお知らせです。

「医療市民マイスター事業」にご関心をお持ちの方、ぜひ参加してみませんか?

注)当財団主催の講座ではございませんので、お問い合わせや講座申込みにつきましては、このお知らせ下部に掲載のwebサイトにてご確認ください。

***病院と地域を結ぶ 患者と医療者をつなぐ
「医療市民マイスター事業」がこの春、いよいよ始まります!***

誰もがあったらいいな・・・と思っていた、患者と医療者をつなぐ、「架け橋」の存在。

「医療市民マイスター」は、病院内で起きている「ちょっと困ったこと」の解決へのお手伝いをします。医療に関することはもちろん、必要に応じて適切な院内スタッフにおつなぎしたり、行政・地域のさまざまなサービスをご紹介するなど、市民の目線で“地域と病院を結ぶ”、“患者と医療者をつなぐ”新しい人材を創出します。

病院にかかわる多くの人が今より少しでもハッピーになるように・・・“心が通い合う医療”の実現を目指します。

「医療市民マイスター講座」(全7回)は3月よりスタート。
※「内閣府iSB公共未来塾」採択事業
http://company.coco-on.jp/project/interview/ama.html

講座へのお申込み、医療市民マイスターについてはこちら
http://is-meister.jimdo.com/
医療市民マイスターの取り組みについては逐次WEBでお知らせする予定ですので、応援よろしくお願いします!
医療市民マイスター協会 代表 阿真京子