創立40周年記念シンポジウム開催報告

 このたび、本財団の創立40周年記念行事として、平成241123日(金(勤労感謝の日))に、自治医科大学地域医療情報研修センターにおいて『保健・医療・福祉活動を通した地域づくり』?地域で活躍している医師、保健師たちの活動紹介を通した地域づくりを考えよう?をテーマとした、創立40周年記念シンポジウムを開催しました。会場には、医師、保健師、近隣の住民など約70名の方々が参加し、熱心に聴講しました。  

 開会に先立ち木内常務理事があいさつし、コーディネーターの橋本康男氏(広島県地域政策局国際部長)によりシンポジウムが進められ、医師の立場として後藤忠雄氏(郡上市地域医療センター長)に、住民、行政と一体となって地域医療の充実に活躍されているご講演をいただき、行政の立場として菅谷昭氏(長野県松本市長)に、健康寿命延伸都市をスローガンとした松本市におけるまちづくりのご講演をいただきました。また、保健師の立場として福原円氏(小山市健康増進課)に、市民を守るために保健師として活動し活躍されていることを、そして、民間の保健師として活躍している町村純子氏(株式会社ゆう地域支援事業團代表取締役)に、行政ではできない部分を、発達支援・アンチエイジングコンサルタントとして健康づくりを一般の方々に普及させる活動についてのお話をいただきました。その後パネルディスカッションでは、4名の講演者に登壇いただき、フロアからの質問も交えながら「保健・医療・福祉活動を通した地域づくり」について議論が交わされました。

 

 最後に、地域社会健康科学研究所 谷口副所長が閉会のあいさつをし、こうしてシンポジウムが盛況のうちに終了しました。ご来場された皆様、コーディネーター、パネリストの皆様、その他関係者の皆様ありがとうございました。          

 

IMG_4684.jpg 開会挨拶:木内常務理事

                ○コーディネーター

 ºÂĹ¡§¶¶ËÜ»á  橋本康男 氏(広島県地域政策局国際部長)

 

○講演者・パネリスト

 ȯɽ¡§¸åÆ£»á  後藤忠雄 氏(郡上市地域医療センター長)

 ȯɽ:¿ûë»á  菅谷昭 氏 (長野県松本市長)

 ȯɽ¡§Ê¡¸¶»á  福原円 氏(小山市健康増進課保健師)

 ȯɽ¡§Ä®Â¼»á  町村純子 氏(株式会社ゆう地域支援事業團代表取締役)

DSC_5926.JPG    \·\ó\Ý\¸\¹\È

 会場の様子      パネリストの皆様

 ÊIJñ¡§Ã«¸ýÉû½êĹ 閉会挨拶:谷口副所長

 

 

創立40周年記念シンポジウム報告書

公益認定の答申について

平成24年6月26日に内閣府公益認定等委員会に公益財団法人への移行認定申請を行いました。

その後の審査の結果、平成24年11月2日付けにて同委員会より、公益財団法人認定の答申が提出されました。

当財団では、平成25年4月1日付けにて移行に伴う登記の手続きを行い、公益財団法人としてスタートいたします。

答申書