平成28年度の長寿社会づくりソフト事業費交付金(3月交付分)を交付しました

実績報告書に基づき、平成28年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業・特定事業)の3月交付分を3月31日(金)に交付しました。

次回の実績報告書提出締め切りは、4月28日(金)交付分につきましては4月7日(金)、5月31日(水)交付分につきましては5月8日(月)とさせていただきます。

平成29年度交付金の都道府県担当者の登録をお願いします

都道府県長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業・特定事業)ご担当者様

長寿社会づくりソフト事業費交 付金交付事業につきましては、平素から特段のご高配を いただき誠にありがとうございます。標記のことにつきまして、お忙しいところ恐縮ですが別添に必要事項をご記入のうえファクシミリ又はE-mailにて4 月21日(金)までにご返信くださいますようお願いいたします。

☆担当者登録票 ⇒ excel-icon

☆登録票の送付先 ⇒ E-mail : fdc@zcssz.or.jp   /   FAX : 0285-44-7839

平成28年度特定事業の実績報告について

平成28年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の交付決定通知を送付しました。

 実績報告の締め切りは平成29年3月3日(金)、交付金の交付は3月31日(金)です。申請にあたっては、下記の様式を使用ください。

☆ 申請様式 

・実績報告書(様式4号) ⇒word

※ 平成25年4月から当財団は公益財団法人となり、様が変更となっています。

※ 平成29年1月10日付けで、新理事長が就任いたしました。

  新理事長名での申請様式を掲載しておりますので、ご確認のうえ、ご使用ください。

 ・振込依頼書の書き方  ⇒iconpdf

3月3日(金)の提出期限までに完了しない事業については、事業完了後速やかに実績報告書を提出ください。

4月7日(金)までの報告分についは4月28日(金)、その後5月8日(月)までの報告分については、5月31日(水)の交付金交付予定です。

平成28年度一般事業の精算内示通知をお送りしました

長寿社会づくりソフト事業費交付金(一般事業)の精算内示通知を発送いたしました。

今年度の申請締め切りは、平成29年1月20日(金)です。申請書がととのい次第、交付決定通知を発送する予定です。

申請様式 ⇒word

※ 当財団は、平成25年4月より公益財団法人となり、様式が変更となっています。

  申請は、こちらの様式をお使いください。

※ 平成29年1月10日付けで、新理事長が就任いたしました。

  新理事長名での申請様式を掲載しておりますので、ご確認のうえ、ご使用ください。

 

実績報告につきましては、手引きにありますとおり、平成29年3月3日(金)締め切り、交付金の交付は3月31日(金)です。事業の完了が3月の締め切り後になる場合には、事業の完了後速やかに提出をお願いします。

平成29年度長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の申請について

平成29年度の『長寿社会づくりソフト事業費交付金の手引き』が出来上がりましたので、各都道府県の担当課宛て、発送いたしました。

 

各市(区)町村へは、都道府県から配布する予定となっております。また、申請書類については、都道府県毎にとりまとめ、財団に提出していただきますので、手続きの詳細については、都道府県の担当課宛てお問い合わせください。

 

なお、平成29年度の長寿社会づくりソフト事業費交付金(特定事業)の申請期限(財団必着)は、平成28年12月26日(月)です。

 

平成29年度特定事業申請書様式 →→→ word

「地域医療等振興自治宝くじ(レインボーくじ)」発売のお知らせ

地域医療等振興自治宝くじ(通称:レインボーくじ)は地域医療等の振興に必要な医師の養成を目的として全都道府県が共同で設立した自治医科大学の整備のための資金にあてられます。

この度、下記のとおり地域医療等振興自治宝くじが発売されますので、お知らせいたします。

是非、お買い求めください。

 

【第394回】

発売期間:平成28年11月9日(水)~平成28年11月23日(水)

主な賞金:1等前後賞合わせて5,000万円×2本、2等1,000万円×2本など

抽選日:11月25日(金)

単価:200円

0514_レインボー+

平成28年度健康福祉プランナー養成塾(アドバンストコース)開講のお知らせ

健康福祉プランナー養成塾(アドバンストコース)を開講いたします。詳細は下記のとおりです。

募集案内はこちら →→→iconpdf

<日程>

平成28年10月28日(金)~30日(日) 2泊3日

 

<会場>

全国町村会館(東京都千代田区永田町1-11-35)

 

<対象者>

健康福祉プランナー養成塾修了生、並びにその方々をサポートする方

 

<開催目的>

アドバンストコースは健康福祉プランナーとしての基礎的な知識と経験を持った方を対象とし、幅広い視野とさらなる能力を獲得し、健康福祉プランナーとしてのステップアップを目指しています。

 

<内容>

(1日目)

12:00~12:30 受付

12:30~13:00 開講式・オリエンテーション

13:00~17:50 講義『地域の保健・医療・福祉の連携を考える(講義、グループワーク)』:橋本 康男先生、村上 須賀子先生

18:30~ 懇親会

 

(2日目)

9:00~10:30 講義『地域と行政のネットワークづくり(地域と行政との連携・協働)』:藤井 昭二先生

10:40~12:10 講義『医療・介護一体改革について(現場からの報告)』:中田 祐広先生

13:10~16:20 講義『公共政策』:小西 敦先生

16:30~18:00 講義『地域福祉と地方分権』:木村 陽子先生

 

(3日目)

9:00~12:10 講義『ナレッジマネジメント(知識を共有するチームワーク)』:一條 和生先生

12:20~12:50 閉講式

 

<申込み方法について>

参加申し込みは締め切りました。

 

<受講料>

無料 (ただし、研修会場までの往復の交通費及び食事代は、参加者の負担となります。)

 

<宿泊先>

28日および29日の宿泊については当財団にて準備いたします。(個人での予約は不要です。)

宿泊先は研修会場と同じ、「全国町村会館」(東京都千代田区永田町1-11-35)となります。

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

 

【お問い合わせ】

公益財団法人地域社会振興財団 総務課

TEL:0285-44-3840  FAX:0285-44-7839

E-mail:youseijuku@jichi.ac.jp

地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2016の開催について

地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2016

気づこうみんなの“ちから”! 続けようみんなの“わ”

ポスター →→→ iconpdf     チラシ →→→ iconpdf

 

<開催日時>

平成28年10月15日(土)・16日(日)  ※両日のご参加をお願いいたします。

 

<開催場所>

東京グリーンパレス

東京都千代田区二番町2番地 (東京メトロ有楽町線「麹町駅」番町方面出口5より徒歩1分)

 

<対象者>

住民活動に関わっている方、都道府県行政関係者、市区町村行政関係者、医療関係者、教育関係者、学生、地域医療に関心をお持ちの方

※2日間ご参加いただける方に限ります。

※お申込者多数の場合には、1団体からの参加人数を制限させていただく場合がございます。

 

定員:90名

 

託児あります。

 

参加費は無料です。

 

【プログラム】

1日目

※シンポジウム開始は12時30分です。受付は12時から行います。

○開会挨拶

○趣旨説明

梶井 英治先生(自治医科大学地域医療学センター長)

○グループワーク①

○トークセッション『本音を語りあおう』

【パネリスト】

<第1部>

・野村和之 氏(NPO法人地域医療を育てる会)

・中村陽子 氏(柏崎市福祉保健部国保医療課)

・西脇健太郎 氏(公益社団法人地域医療振興協会谷汲中央診療所)

<第2部>

・対馬逸子 氏(西北五地域医療研究会代表)

・福田政憲 氏(宮崎県北の地域医療を守る会事務局長)

・藤本晴枝 氏(NPO法人地域医療を育てる会理事長)

○グループワーク②

○交流会

2日目

○ポスターセッション

○全体会

○講評

○閉会挨拶

 

<参加申込み方法>

こちらを必ずご確認ください。 →→→iconpdf

 

事前登録制です。

参加申込み締切日 →→→ 参加申込み受け付けは終了いたしました。

 

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

【お問い合わせ先】

地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム2016事務局

TEL:0285-44-3840 E-mail:info@zcssz.or.jp

平成29年度公益事業振興補助事業に係る研究機器の申請について

平成29年度公益事業振興補助事業に係る研究機器の申請をされる方は、「公益事業振興補助事業に係る研究機器要望について(通知」(PDFファイル)を必ずご確認のうえ、申請書等の必要書類を揃えて、財団総務課あてにご提出ください。

 

申請書等の提出期限は、8月22日(月)17時までとします。期限後に提出された書類は受理いたしかねますのでご注意下さい。

 

○研究課題

難病及び希少難病に関する基礎的研究

【参考】厚生労働省指定難病病名一覧 →→→ iconpdf

 

○申請条件

1講座または1部門あたり1点(機器一式の価格が1,000万円以下)

できるだけ共同利用ができる機器としてください。

 

○提出書類

平成29年度研究機器申請書(原本1部および電子データ)

カタログ、地域社会振興財団宛て見積書、定価証明書 各1部

自治医科大学宛ての書類は、不備扱いとして返却いたしますのでご注意下さい。

平成29年度研究機器申請書 →→→ excel-icon

 

○注意事項

研究機器の申請にあたっては、以下の点に留意してください。

(1)研究の目的、内容、必要性、実施方法等について、専門家でなくてもわかるような平易な文章で具体的に記入してください。

(2)申請機器については、機器機能の詳細と、研究においてどのように使用されるのかを具体的に記入してください。

(3)「平成29年度医療機器備品等の要望書」(医療機器選定委員会)にて要望済みの機器については当補助事業の対象外とします。

 

【この件に関するお問い合わせ】

財団事務局総務課(内線3608 担当:坂本)