No.9第20回リハビリテーション研修会

研修期間 平成29年10月26日(木)9時~27日(金)15時
テーマ 脳血管障害、外傷、循環器障害、呼吸器障害などの急性期リハビリテーションのポイントを学ぶ。
ねらい 脳血管疾患患者の早期リハビリテーションの意義を踏まえて、医師はどのような視点で患者診療を行い、早期離床に向けて患者の状態をどのように評価するのか、そこにリハビリテーション専門職として理学療法、作業療法の役割、介入のポイントを学習する。 さらに、急性期病院における患者のコンディショニング、リスク管理のポイントについて学ぶ。
主な内容 ①脳血管障害患者の急性期医療管理 ②脳血管障害急性期理学療法介入のポイント ③循環障害急性期理学療法介入のポイント ④呼吸障害急性期理学療法介入のポイント ⑤外傷患者の急性期医療管理 他
対象者 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等
定員 30名
受講料 18,000円
申込期間 平成29年4月3日(月)~9月26日(火)
備考
講習内容 ※講義内容が変更になることがあります。